現在位置: 住まいの知識 > 家づくりのお金


02家づくりのお金  
 
支払いのタイミング
土地代金の支払いタイミング
 



土地代金の一般的な支払いのタイミングは以下の通りです。

(1)契約時

「手付金」として土地代金の約10%を支払います。(手付金は、自己資金で用意する必要があります)

契約当日に、現金または預金小切手(現金同様の高い信用度をもつ小切手)で支払いますので、特に契約日が金融機関の定休日となる場合は、前もって準備をしておきましょう。

契約時に、不動産会社に仲介手数料(半金)も支払います。

(2)引渡し時

引渡しは、住宅ローンを利用する場合で契約から1ヶ月前後、全額自己資金の場合はそれよりも期間が短くなる傾向があります。

引渡し時に、「残代金」を支払います。

残代金の支払いは、「口座への振込み」「預金小切手」「現金」など、売主の事情によって異なりますので、どの方法による支払いなのかを不動産会社にあらかじめ確認しておきましょう。(「口座への振込み」が一般的です)

引渡し時に、「不動産会社への仲介手数料(半金)」「司法書士への手数料」「固定資産税・都市計画税の清算金」なども支払います。

◆住宅ローンを利用する場合の注意点

住宅ローンを利用する場合は、引渡しまでに融資がきちんと行われるのかどうかを金融機関に確認しておきましょう。

残代金を住宅ローンと自己資金で支払う場合は、融資の実行額はいくらか、また自己資金はいくら用意すればよいのかを事前に不動産会社に確認しておきましょう。自己資金は融資が実行される口座にあらかじめ振り込んでおくと、当日の手続きがスムーズになります。



  戻る▲