現在位置: 住まいの知識 > 家づくりの依頼先


04家づくりの依頼先  
 
ハウスメーカーで建てる
ハウスメーカーを選ぶ
 

建築家や工務店と比較して、ハウスメーカーは業態そのものの仕組みが制度化されています。また、ハウスメーカー各社においてもシステム化が進んでいるため、設計力、生産精度、施工技術、保証・アフターサービスなどの点で、著しく大きな差は見受けられません。

また、大手ハウスメーカーは上場企業も多いため、信用力については比較的安心して選択することができます。

ハウスメーカー選びを成功させるためには、営業マンの人柄や住宅展示場の豪華さに惑わされることなく、プラン(間取り)、仕様(外装材、内装材、設備)、金額、工期など、家そのものを総合的に評価することが大切です。

(1)プラン(間取り)

プランは計画の青写真となるものです。このプランが納得のいくものかどうかが重要です。

例えば、「大きな窓がとれる、とれない」、「吹き抜けがとれる、とれない」、「大きな空間がとれる、とれない」、「天井が高い、低い」といった各ハウスメーカーの差がプラン上に浮き彫りにされます。

提案されたプランの中で、もっとも自分の希望に近いプランはどれかに注目してみましょう。

また、プランの作成過程では、主に営業マンと打合せを進めていくことになりますが、営業マンの熱心さに惑わされず、冷静にプランの希望達成度を見ることが重要です。

(2)仕様(外装材、内装材、設備)

仕様が自分の希望をかなえることができているかに注目しましょう。

標準仕様の内容は、各ハウスメーカーによって異なるため、そのハウスメーカーが設定する標準仕様が、自分の要望をどの程度満たしているかに注目することが重要です。

また、モデルハウスの仕様は、そのハウスメーカーが設定する標準仕様より、グレードの高い仕様が使われていることがほとんどです。モデルハウスのイメージに惑わされないように注意しましょう。

(3)金額

希望するプランと仕様が、納得のいく金額でかなえられているかを注目しましょう。

各ハウスメーカーが採用している工法の特徴によっては、複雑なプランになると金額が大幅にアップしたり、標準仕様の設定いかんでは、オプション仕様を選択してしまうと金額が大幅にアップしてしまうことがあります。

契約後に始まる詳細仕様打合せに備え、明細見積書を求め、伝えた希望が正確に反映された見積りであるかどうかをチェックします。 ハウスメーカーを選ぶ段階での金額は、これらから増額することを踏まえて検討した方がいいでしょう。

(4)工期

一般的に、プレハブ化が進んでいる工法ほど工期が短く、現場での施工率が多いほど工期が長くなります。

特に土地を取得してから家を建てる場合や、建て替えの場合には、工期の長短が計画の所要資金に影響しますので、工期の長短が自分の計画にあっているかを確認することが重要です。



  戻る▲