現在位置: 住まいの知識 > 家の仕様と技術


05家の仕様と技術  
 
屋根  

屋根は建物の「顔」でもあり、雨、風、陽射しなどを遮るために、外部に面して建物を守る役目を持つ主要構造部です。家のデザインだけではなく、計画地の気候風土にも配慮して計画しましょう。

◆屋根の形状

屋根の形状は単純なほど雨漏りしにくく、工事費も安価ですが、形状が複雑、勾配が急になるほど工事費は高くなります。

屋根の種類は、形状や特徴から次のように大きく分けることができます。

 

【切妻屋根(きりづまやね)】

本を開いて伏せたような、棟を頂点に左右に傾斜した屋根。(棟とは屋根の勾配が交わった最も高い所をいいます)

【寄棟屋根(よせむねやね)】

大棟から四方に向かって傾斜した屋根。(大棟とは屋根の最も高い部分の水平の棟をいいます)

【方形(宝形)屋根(ほうぎょうやね)】

屋根の最も高い点から四方へ傾斜した屋根。

【入母屋屋根(いりもややね)】

上部を切妻、下部を寄棟にした結合形の屋根。 (入母屋屋根の建物を入母屋造りといいます。)

【陸屋根(ろくやね)】

ほとんど傾斜のない平らな屋根。(陸とは水平なことや平坦なこといいます)

【片流れ屋根(かたながれやね)】

屋根の最も高い部分から一方向に傾斜した屋根。

 

◆屋根葺きの種類

屋根葺きとは、屋根を板・瓦・茅で覆うことをいい、それぞれの材料には雨漏りを防ぐための、適切な屋根勾配(水勾配)が決まっていますので、屋根勾配に合わせた材料と葺き方を選びましょう。

材料は瓦、金属板、スレート瓦と大きく分類されます。

【瓦】
瓦は日本の伝統的な屋根葺き材料で、粘土を高温で焼いて作ります。
耐久性、耐火性に大変すぐれていますが、材料自体が重いので構造上の注意が必要です。
形により日本瓦(和瓦)と洋瓦に分けられ、製法、焼き方もいぶし瓦、塩焼瓦、釉薬瓦、無釉瓦などがあり仕上がりも様々です。

【金属板】
金属板の特徴は、軽さと自由に屋根の形を造ることができる点です。
材料そのものには断熱・保温性はありませんので、断熱材をいれることによって補います。

・ガルバリウム鋼板
アルミと亜鉛の合金でメッキした鋼板です。
アルミの耐久性と亜鉛のもつ優れた腐食防止の作用などを合わせ持っています。
メンテナンスも容易なため、外壁にも使われています。

・カラー鉄板
鉄板に錆止め加工を施した耐水性、不燃性に優れ、色の種類も豊富な材料です。

【スレート瓦】
天然の粘板岩を薄い板状に加工した天然スレート板や、石綿とセメントを混ぜ合わせて加工した石綿スレート板があります。現在では粉塵公害考え、石綿に変わる繊維を使う商品が各メーカーより出ています。
日本瓦より軽く、耐震性や耐久性にも優れ、色の種類も増えており、和風、洋風を選ばず使用できる材料です。



  戻る▲