現在位置: 住まいの知識 > 家が建つまでの流れ


06家が建つまでの流れ  
 
工務店で建てる場合
工事(上棟まで)
 

建築工事に先立ち、更地になった土地で工事の無事を祈る地鎮祭が行われます。

地鎮祭は、土地の神様に工事の安全を祈願して行われる儀式で、施主、工務店の工事関係者が参加します。

地鎮祭の後は、いよいよ着工します。敷地に建物の配置をなぞって縄をはり、隣家との距離や隣地境界線と建物の関係を確認します。

その後、建物の土台となる基礎工事を行います。

最近の住宅では、現場で材料の刻みを行うことも少なくなり、プレカット工場で加工された構造材を使うことが多くなりました。コストをおさえ、一定の品質を保つことができます。

基礎工事が完成すると、その上に家の骨組みを作ります。この作業を上棟といい、木造の場合、レッカー車などを使い、一気に建て上げていきますので、1日〜2日で建物の基本となる骨組みが完成します。

この上棟の段階で、場合によっては工事に実際に関わる職人さん達との顔合わせと挨拶を兼ねた上棟式を施主が行なう場合もあります。

なお、着工に先がけて、ご近所への挨拶廻りを行います。工事中のクレーム対応などは工務店が全責任を負いますが、工務店任せにせず、工事責任者と施主が一緒に挨拶にいくことが、後々の近所づきあいの意味でも大切です。



  戻る▲