トップへ スタッフブログ メルマガ ログイン



何度となく展示会を廻ってみて、なんとなく雰囲気になれたことでしょう。 どんな家にしたいかイメージを固めた方もいるかと思います。逆に、色々なモデルハウスを見すぎて悩んでしまわれた方もいるかもしれません。モデルハウスはあくまでも「モデル」であり、実際に住む家と少し違います。 今回はモデルハウスの特徴など、ポイントをおさらいしたいと思います。 また、モデルハウス以外にも「現場見学会」や「構造見学会」など色々な見学会があります。 こちらもぜひ活用し、理想の家づくりを実現しましょう!


 

大きな玄関、広いリビング…。天井にはきれいな照明器具が吊るされ、豪華なカーテンやインテリア…
思わず「すごいっ!」と声を出してしまいそうになると思います。
別名『大人のテーマパーク』とも呼ばれるモデルハウスは、とても夢があり、ワクワクすることがいっぱいです。
楽しむだけならば、それでも構いませんが、本来の目的は「自分の理想の家を建てること」。ここは冷静な目が必要になってきます。
モデルハウスはあくまでも「モデル」。たくさんの予算の中で、最新設備、最高のインテリアを使用し、コーディネーターが力を入れて作っているハウスメーカーの渾身の一軒なのです。
夢を抱くのは当然のことなのですが、心の片隅に「冷静な目」をお忘れなく!

モデルハウスを見学すると、素晴らしい設備がずらり並んでいます。
モデルハウスは、住宅メーカーが広告宣伝費をかけ、
自社のPRのために建てたもので、坪数も大きく立派に作っています。その多くに標準仕様以外のオプション工事が多数含まれています。

標準仕様はどこまでなのか、オプションはどれなのかをしっかりと聞いてください。聞いてみたら分かりますが、「ほとんどがオプション!」ということもあるのです。

多くの住宅メーカーでは、照明器具、カーテンなどは、ほとんどがオプションで別途費用が発生します。実際に家に住むとなったら、必ず必要なものなのですが、オプションということがほとんどだと思ってください。

ポイント2と同じになりますが、「何がオプションで、何が標準に含まれているのか?」を確認し、必ず予算に組み込んでおかないと、あとで請求書を見てビックリすることになるかもしれませんよ。

モデルハウスは、建物自体を大きく作っていることはもちろんですが、部屋を広く見せるために、様々な仕掛けがされている場合があります。
例えば、ソファーなどを少し小さめで設置したり、ベッドを小さめで置いたり、TVを置いていなかったりすることによって部屋を広く見せたりしている場合があります。

サイズを予め調べておくなり、担当者に聞くなりして確認してしてみるといいでしょう。実際に家具を置いたら、イメージが全然違った!というトラブルを防げますよ。

最新のキッチン、ユニットバスと200万円〜300万円もかかる最新設備が、モデルハウスにはあります。当然、高額な設備なのですが、モデルハウスに行くと夢が膨らみ、そういった最新設備に心を奪われてしまうのです。
想像してみてください。最新の設備や最高のインテリアが必要でしょうか?何を重視して家づくりをしていくのか、家族みんなで決めて家づくりをすすめていきましょう。

モデルハウスは、あくまで「モデル」。人が住むようには作られていないのです。そのことを頭に置きながら、モデルハウスの見学会に行ってみましょう。







住宅会社の現場見学会は、大きく分けて「構造見学会」と「完成見学会」の2種類あります。
それぞれの特徴は、建築途中の現場か、完成した現場かの違いとなります。
「現場見学会」に参加することは、とても大切なことです。なぜなら、現場はウソをつきません。
積極的に見学会に足を運び、希望を叶える住宅会社を見つけましょう。

◆現場見学会でわかること◆
・ 建てた大工さん(棟梁)から直接こだわった箇所を聞くことができる
・ スタッフの対応(あいさつ・笑顔・身だしなみ等)を確認することができる
・ 住宅会社の社長の顔・理念・モットーを確認できる
・ それぞれの住宅会社の強み(弱み)を聞くことができる
   ※住宅会社によって知り得る情報が異なることがあります。
家づくりの基本性能に関わる部分を確認できます。

◆現場見学会でわかること◆
・ 家を建てる上で、一番重要な骨組み(構造)を見ることができる
・ 完成したら見えなくなってしまう場所を見ることができる
・ 設備配管(給水・給湯・排水)を見ておくことで、将来のメンテナンス時の対応方法を確認できる
・ 各箇所の構造金物の取り付け方法がわかる
・ 通気・断熱などの工夫点がわかる
・ 現場の清掃状態がわかる
・ その他
   ※住宅会社によって、知り得る情報が異なることがあります。

引き渡し前の、すぐに住める状況の家が確認できます。

◆現場見学会でわかること◆
・ どのような設備を使い、いくらくらいで建てられるかがわかる
・ 標準とオプションといった工事の違いを、目で見ながら確認できる
・ 毎回の現場で、どのような創意工夫がされているのか今後の参考になる
・ 理想と現実のギャップを埋めることができる
・ 実際に家を建てた施主の声を聞くことができる
・ その他
   ※住宅会社によって、知り得る情報が異なることがあります。


Copyright(C) G-BUILD AHSSSY Inc. Allrights Reserved.