トップへ スタッフブログ メルマガ ログイン

TOP新生活の扉>case02
北軽井沢の自然の中に佇むI邸。
外壁にはガルスパンサイディングとアガチス(南洋桂)を使用し、どこか都会的な雰囲気を持ちつつ、周囲の自然に溶け込むような外観ですよね。

リビングとダイニングは吹き抜けとなっており開放感たっぷりです。

室内にはビニールクロスを一切使用せず、壁には珪藻土、天井にはルナファザーと自然素材を使用しています。
※珪藻土とは・・・健康素材として最も注目されている。
植物性プランクトンが海底などに堆積して出来あがった泥土。多孔質で、調湿性と吸臭性に富んでいます。
※ルナファザーとは・・・天然の紙(再生紙)を素材とした塗装用壁紙です。人間に一番近いところにある生物材料、その代表が木綿と木。通気性・透湿性・吸湿性などの天然素材の持つ性質をそのまま壁紙に活かした材料です。


1階全部に温水式床暖房を完備。
深夜電力を使用してお湯を貯めるエコキュートを使用することによって電気代も節約。


和室の壁紙には土佐和紙を使用しています。紙は木材と同じで呼吸しています。湿度の高い時は湿気を吸収し、乾燥したときには蓄えていた湿気を放出しますので夏は涼しく、冬は暖かく過ごせます。
また和室と寝室の暖房 器具は床暖房で使用している温水を巡回させ、その熱を利用しているので空気を汚れない優れもの。


寝室の壁にはシナベニア合板を使用して落ち着きのある雰囲気となっています。



※シナベニアとは・・・一般にベニア板と呼ばれている板の表に、シナという木を貼り合せ仕上がりを良くした材料のこと

室内の建具は既製品を使わず、すべてオリジナル。
収納戸棚、扉等、設計士さんと打ち合わせしながら作り上げたものだそうです。

軽井沢 I邸詳細データ

●完成年月日/2005年6月完成

●家族構成/ご主人様(43歳)・奥様(40歳)・長男(17歳)・長女(13歳)の4人家族

●施主様のコメント
子供たちが喘息持ちなので、その点を一番に考えた家造りを心がけました。
家全体に天然素材を使用することによって、室内環境を自然の力で整える、快適な生活を実現できました。

●施工業者/有限会社 光建築工房
〒377-1412 群馬県吾妻群長野原町北軽井沢1988-411
TEL 0279-84-3322 FAX 0279-84-2698
URL http://www2u.biglobe.ne.jp/~hikari
E-mail hikarikobo@muc.biglobe.ne.jp

TOP新生活の扉>case02
Copyright(C) G-BUILD AHSSSY Inc. Allrights Reserved.