トップへ スタッフブログ メルマガ ログイン

TOP新生活の扉>case04
   
 
高崎市日当りの良い土地に堂々と佇むT邸。
「盆栽の似合う家」をテーマに、外観は白を基調としたシンプルな構成にし、和を表現する素材(鉄平石)
などを部分的に取り入れることでモダンな和を表現しています。今回はこちらの素敵なお宅をご紹介します。


 
「盆栽の似合う家」というテーマそのもののリビングはとても広く、見事に和とモダンが融合した空間が広がっています。
インテリアにおいては、盆栽をリビングの中心に置き、大谷石、ウォールナット、木の格子などを取り入れる事で、より家全体が和を強調したモダンな空間に仕上がっています。

 

 
日当り抜群のリビングダイニングにはカウンターキッチンと家族揃って食事が取れる大きなダイニングテーブル。
キッチンの戸棚にも和を取り入れるという細かいこだわりが部屋全体の統一感を感じさせます。

 

 

2階の大きなテラスに面している全室に陽の光が眩しい程降り注ぎます。
壁がほとんど無く大きな窓が特徴的な間取りはRC構造ならでは。窓が大きいと四季折々の風景も楽しめます。

※RCとは?
鉄筋コンクリートのこと(Reinforced Concreteの略)。引っ張る力に強い鉄筋で、圧縮する力に強いコンクリートを補強する。優れた強度を発揮し、中高層建築で多く用いられる。

 

 
バスルームは1階、2階に設置され、共にのびのびとした空間に仕上がっています。
施主様のご要望としては「とにかく開放感が欲しい。」との事。
1階のバスルームにはプライバシーが保護された半外部空間をつくり、お風呂から出て風に当たりながらワインが飲める空間になっています。2階のバスルームの扉を開くとテラスに直接出る事が出来る様になっており、どちらもご要望通りの開放感抜群の動線が描かれています。

 

 
 
陽が落ち、あたりが暗くなるとまた違った一面を見せてくれるT邸。
至る所がライトアップされ、まるで闇の中に浮かび上がるリゾートホテルの様。とても美しく感じました。
日常の生活の中に、照明演出におけるバリエーションを加えることによりホテルのような非日常的な生活を楽しんでもらうことができ、あきのこない家として住んでいただけるようこだわったそうです。
施主様は非日常を感じることのできるこのテラスで、暖かい季節になればスタイリッシュにお酒を飲む事のできる場所として利用する予定です。
ご親戚、ご友人を招いてパーティーも楽しめそうですね!皆さんの賑やかな声が聞こえてきそうです。

 

高崎市 T低詳細データ

●建物概要
建築場所 :高崎市     構造:RC造
敷地面積 :354.48(107.23坪)  1階床面積 :122.43(37.03坪)
2階床面積 : 68.42(20.69坪) 延べ床面積 :190.85(57.72坪)
建築面積 :128.61(38.90坪)

●完成年月日/2007年12月完成

●家族構成/・ご主人様(38歳)・奥様(39歳)・長男(10歳)・長女(7歳)の4人家族

●施主様のコメント
まるで、ホテルのような家に仕上がり、モダンでありながら、和を感じられて落ち着くことができ、毎日を楽しく過ごしています。

●設計業者/ラフーアーキテクト(株)
〒371-0805 群馬県前橋市南町4-38-2
TEL 027-224-3744 FAX 027-224-3724
URL http://www.lafu6.com
E-mail naka_art@ybb.ne.jp


TOP新生活の扉>case04
Copyright(C) G-BUILD AHSSSY Inc. Allrights Reserved.