トップへ スタッフブログ メルマガ ログイン

TOP新生活の扉>case07
   
 
太田市薮塚IC近隣に位置するT邸。
「ふるさとの木材を使いたい」をテーマに、夏は室内を涼しく風通しの良さを重視し24時間換気システムを備えた安全で快適な生活。
今回はこちらの素敵なお宅をご紹介します。


 
群馬県(桐生産)の良質なスギをふんだんに使用し、木の存在感と良質なデザインの美しさが住まいの心地良さをつくりだす。床、壁、天井、すべてに天然木材をふんだんにつかっている。家族の集まる場所として、ライフスタイルや意思(要望)を十分に取り入れたつくり。

スギの説明
スギの特徴として、時の経過とともに、赤みをまして艶はどんどん増していき深い味がでる。


 

フルオーダーだからこそ可能な家族構成を十分考慮した一品。
材料、寸法、高さレイアウトなどすべて設計を軸につくりあげられているので調和がとられている。
つくりたての料理をすぐに食卓にて、木の香りを感じながら家族との食事ができる。


 

フローリングが主体の生活様式に和の感性をさりげなく取り入れた、スタイリッシュな空間を演出している。
すり切れ いろやけにも、強い和紙製の畳を選出。夫婦で、選んだ厳選された襖とのコーディネート。


 

ご主人の仕事部屋でもあり、趣味の音楽鑑賞のために大切にしているオーディオ、アンプなどオリジナルカウンターに設置する予定。
カウンター棚についても、すべてフルオーダーのため、収納スペースを確保しながらお洒落なレイアウトを演出できる。
お仕事の関係上、通常より大きめのデスク、プリンターなど設置する予定。部屋の中には、3つの窓があり、風通りの良さが、感じられ る。


 

ここにも、こだわりポイントを発見.。 朝、昼、夜と快適に過ごせる自分の部屋。
古来の階段ダンスをヒントにした演出でユーモアある階段を上ると日差しが差し込む天窓があり、夜空を見ながら安息の時がはじまる。


 

フローリングの上に畳を敷き込むことにより、将来畳をとりフローリングにすることも可能と将来を見据えた安心設計。
奥様の要望で、「寝室で睡眠をとる時に光が入ると快眠できないのでなんとかして欲しい」打ち合わせの段階での、要望に対してカーテンと内側からの引き戸で光の漏れを完全シャットアウトしている。



太田市 T邸詳細データ

●構造 木造軸組
●敷地面積 400.14
●1階床面積 99
●2階床面積 52
●延べ床面積 151
●建築面積 123.68
●完成年月日 H.20.8.8
●家族構成 ご夫婦、子、ご両親、計5名
●施主様のコメント ふるさとの木材をふんだんに使い、夏でもなるべくエアコンに頼らずに快適に住めるよう深い軒や吹抜けなどを設計に反映してもらいました。

●施工業者/斉藤林業株式会社
〒378-0077 群馬県沼田市発知新田町759-1
E-MAIL:office@saito-ringyo.jp
TEL: 0278-50-4118(代)  FAX: 0278-50-4119


TOP新生活の扉>case07
Copyright(C) G-BUILD AHSSSY Inc. Allrights Reserved.