トップへ スタッフブログ メルマガ ログイン

TOP新生活の扉>case08
 
 
小さなお子様たちのために、健康住宅を大前提におきながらも、デザイン性を重視したいという施主様が選んだのは、高い防食性が特徴の「ガルバリウム」。デザインのカッコ良さという目で見える部分も「心の健康」という観点から、2つを同時に兼ね備えた住宅が完成!家族の笑顔が広がるA邸をご紹介します。
※ガルバリウム=ガルバリウム鋼板。アルミニウム・亜鉛合金めっき鋼板の名称。日本国内ではガルバと略称されることも多い。


 
ウッドデッキは桧(ひのき)、床は無垢、天井は板張りと家中どこにいても、木のぬくもりを感じられる家づくりを目指しました。
一番の特徴は、大きく張り出した片流れの一枚屋根。雨の日でも洗濯物を干せるなど、ウッドデッキやバルコニーを活用できるようにと屋根を大きく張り出させたそうです。更に暗くならないよう、規格サイズギリギリまで窓を大きくし、光が充分に取り入れられる様配慮しました。


家族で食事をした後、皆でゆっくりくつろげるスペースをと、リビングより一段高い畳スペースを作りました。2間続きで14畳の広々スペース!奥のふすまを開けておけば、リビングを開放的に、お客様がいらしたときはふすまを閉めて客間として使い分ける事が出来ます。畳は悩みに悩んだ結果、施主様こだわりの琉球畳に。印象がぐっとお洒落になって大正解だったそうです。


 
子供部屋の入り口は2つあります。子供がまだ小さいという事もあり、今は部屋がつながっていて、行き来できる状態です。成長を考えゆくゆくは部屋を仕切れる様にと考ました。
子供部屋前は、子供たちの遊び場や、物を置いたりできる多目的スペースとなっています。1階からの薪ストーブの暖かさもありますので、冬場は洗濯物を干したりできそうです。
2階の廊下やトイレ、階段は幅を少し広めにとり余裕のある設計に。少しの違いですが、使いやすさが全然違うそうです。
駐車場から玄関まで距離があるので、駐車場脇の壁にドアを設置しました。こちらから荷物を移動させて、身軽で玄関に移動できるようにと、施主様のアイディアです。
これなら子供が寝てしまって荷物が持てない時や、たくさんお買い物をして荷物が多い時でも移動が楽になりますね!


 

「小さい子供がいるので、健康には一番こだわらせてもらいました。」と施主様。
建物全体に調湿・マイナスイオン効果に優れ、臭いの吸着・分解効果の高い『ダイアトーマス』という健康塗り壁を使用しています。体にも良く、汚しても、洗剤で洗えるそうです。
床も自然塗料を使用し、キッチンカウンターや食器棚等の建具も水性で体に安全な塗料を使っているので安心です。

※ダイアトーマスの効果
珪藻土よりも調室効果が優れ、マイナスイオン効果がある。においの吸着・分解効果が高く、木や畳のにおいといった、人間にとって心地よいにおいは残し、嫌なにおいを吸着・分解する。一度塗りでOKなので、養生の手間やコスト面でも安く仕上がる。手垢などの汚れの掃除も手軽にでき、メンテナンスも簡単。カラーバリエーションも豊富で混色、混材も可能。



渋川市 A邸詳細データ

●構造 木造在来工法
●敷地面積 470.12屐142.46坪)
●1階床面積 120.89屐36.63坪)
●2階床面積 47.06屐14.21坪)
●延べ床面積 167.95屐50.89坪)
●建築面積 144.24屐43.70坪)
●完成年月日 平成20年10月16日
●家族構成 夫婦+子二人
●施主様のコメント 最初ハウスメーカーと設計事務所をまわり検討していましたが、自分の思い通りのプランに近づけるほど予算オーバーとなり諦めかけていました。そんなとき気になる美容室があり、どこで建てたかを聞いてみたところレイキャビック・ウッドさんを紹介してもらいました。社長さんに今までの経緯と自分のプランと予算を話したところ、”できるんじゃないん”と軽くも重い一言!!有名な工務店やメーカーではないという不安はありましたが、社長さんの自信の一言と真剣な眼に魅かれ決めました。その後の打ち合わせでは私たちの要望を親身に聞いてくれ、その要望と社長さんの健康住宅への思いと信念が重なり、思ってた以上の我が家が完成し本当に満足しています。

●施工業者/reykjavik-wood(レイキャビック・ウッド)
群馬県北群馬郡吉岡町漆原169-3
E-MAIL:info@reykjavik.com
TEL: 0279-54-0561


TOP新生活の扉>case08
Copyright(C) G-BUILD AHSSSY Inc. Allrights Reserved.